てらまちフォト一覧

花盛りの寺々|谷中安立寺

気づけば東京の染井吉野はほぼ散ってしまいましたが、それは本格的な春の訪れでもあり、街のあちこちに、お寺の境内に、さまざまな花が一斉に開いたようです。 (さらに…)

花盛りの寺々|谷中安立寺

2018年4月5日公開  2018年04月05日撮影

浄土双六つくろうWS|須弥山編

先月、コラムでご紹介した「浄土双六3D化プロジェクト」、クラウドファンディングも成立し、6回予定されているワークショップ(WS)の3回目「須弥山編」まで終わりました。 (さらに…)

浄土双六つくろうWS|須弥山編

2018年3月23日公開  2018年03月17日撮影

お彼岸は仏さまの心に近づくための特別キャンペーン期間

お彼岸は仏さまの心に近づくための特別キャンペーン期間今年、東京は観測史上3番目に早い桜の開花宣言。 (さらに…)

お彼岸は仏さまの心に近づくための特別キャンペーン期間

2018年3月20日公開  2018年03月18日撮影

真っ赤な椿、満開。

お寺を巡っていると、境内や街角の木々や花々も気になります。真冬の間は山茶花でしたが、このところは真っ赤な椿が目につくようになりました。 (さらに…)

真っ赤な椿、満開。

2018年3月12日公開  2018年03月10日撮影

愛染明王のハート絵馬

「愛染明王は最大の煩悩である愛欲をそのまま仏の悟りに変え、恋愛・結婚・愛情生活にまつわる様々な功徳をもたらしてくださる仏様です」 (さらに…)

愛染明王のハート絵馬

2018年3月9日公開  2018年03月03日撮影

坂のまち赤坂のサングラス閻魔さま

赤坂は意外と寺町で、豊川稲荷や赤坂不動尊の威徳寺など、駅の近くや大通り沿いにもお寺が見受けられますが、坂を上ったり下りたりするとかなり多くお寺が点在していることがわかります。 (さらに…)

坂のまち赤坂のサングラス閻魔さま

2018年3月8日公開  2018年03月03日撮影

一挙七福!

この週末は、新宿区中井で開かれていた「染の小道」へチラとおじゃま。妙正川の上にたなびく色とりどりの反物を眺めてきました。こちらは2年前・2016年の様子。その後、中野方面の寺町へ行こうかと歩いていたら、その手前で大きなお寺に遭遇。真言宗最勝寺で、大師堂の新築工事中。 (さらに…)

一挙七福!

2018年2月26日公開  2018年02月25日撮影

地蔵と猫|水戸六地蔵寺

六地蔵寺、という名前が気になって水戸へ。水戸駅からバスに乗り、その名も「六地蔵入口」停留所で下車、のどかな田園風景の中をゆくと、そのお寺がありました。閉門に近い時間で夕暮れが近かったこともあり、お詣りの方もまばらでしたが、樹齢千年を超えるスギや八百年のイチョウ、そして咲いていればさぞ華やかであろう枝垂桜など、広い境内には多くの木々が枝を振るっていました。本堂、地蔵堂にお詣りし、地蔵堂の裏手に回りこむと、戦没者供養塔のこんもりとした盛り上がりがあり、その下は胎内くぐりと案内されていますが、もしかして防空壕だったのでは?と思わせるつくりです。供養塔の周辺には大小さまざまなお地蔵さまがおわします。ふと見ると、まるでお地蔵さまのひとつであるかのように、猫がじっと佇んでいます。近づいても逃げません。猫住職さま、おじゃましております、とご挨拶して、お寺をあとにしました。桜の時期にお詣りしたいお寺が、また増えました。

地蔵と猫|水戸六地蔵寺

2018年2月21日公開  2018年02月10日撮影

観音堂再現|仁和寺展

東京国立博物館で開催中の特別展「仁和寺と御室派のみほとけ」へ。 (さらに…)

観音堂再現|仁和寺展

2018年2月8日公開  2018年02月06日撮影

宗教専門紙に浄土双六3D化の記事が。

先日コラムでご紹介した浄土双六3D化への取り組みが、仏教をメインとした宗教専門紙『中外日報』に紹介されています。 (さらに…)

宗教専門紙に浄土双六3D化の記事が。

2018年2月6日公開  2018年02月06日撮影

フリーワード検索

てら×まち×さんぽ このサイトについて