てらまちフォト一覧

茅葺の寺に満ちる曼殊沙華

曼殊沙華 まんじゅしゃげ ― サンスクリット語manjusaka に相当する音写。〈柔軟花〉〈円華〉などと漢訳される。 (さらに…)

茅葺の寺に満ちる曼殊沙華

2017年9月19日公開  2017年09月17日撮影

消難 ― 湘南の秋の空

藤沢市にある龍口寺の書院は、信州松代で蚕糸業で財をなした窪田家が造った蚕糸御殿で、昭和10年に移築されたものだそうです。 (さらに…)

消難 ― 湘南の秋の空

2017年9月4日公開  2017年09月03日撮影

お寺とお墓と人生と

エンディング産業展で葬送やお墓について情報を入れた翌日、「生きるための仏教」と題した講座を受講。「仏教=お寺=葬式=お墓」という図式は、日本人にとってあまりに当然のことと捉えられているのではないでしょうか。とすると、「生きるための仏教」とは? (さらに…)

お寺とお墓と人生と

2017年8月30日公開  2017年08月25日撮影

ブルーラインでお寺へ行こう

先週、横浜市営地下鉄ブルーラインに乗って、いくつかのお寺へお参りしました。新羽(にっぱ)駅近くの西方寺さんへのお参りの様子は「まち×さんぽ|ヨコハマの里の秋」をどうぞ。ブルーラインには、「寺」のつく駅名があります。それがこの弘明(ぐみょう)寺。新羽も読みにくい地名ですが、弘明寺もなかなかです。 (さらに…)

ブルーラインでお寺へ行こう

2017年8月28日公開  2017年08月21日撮影

エンディング産業と寺院

法衣をまとうのはpepper導師。今年のエンディング産業展 ―ENDEX2017で大きな話題になっています。 (さらに…)

エンディング産業と寺院

2017年8月25日公開  2017年08月24日撮影

横浜にこんなお寺があるなんて

「新羽」―これ、読めますか?横浜の方ならお解かりなのかもしれませんね。横浜市営地下鉄の駅名です。 (さらに…)

横浜にこんなお寺があるなんて

2017年8月22日公開  2017年08月21日撮影

地下鉄駅徒歩1分の樹木葬墓地

月遅れのお盆も終わり、都心の通勤電車にも混雑が戻りつつあります。今年は(「も」かな)お盆に帰省しなかったこともあり、実家のお墓参りはしませんでした。代わりにというわけではありませんが、8月11日の山の日、当智山や瑞甕山などへ……。お寺の境内は緑が多く、都内であってもホッとしますよね。 (さらに…)

地下鉄駅徒歩1分の樹木葬墓地

2017年8月17日公開  2016年07月29日撮影

ゑんまさまの御説法|深川法乗院

深川法乗院のえんまさまは、お告げをくださることで知られています。ご祈願の種類によってお賽銭の投入口が19に分かれていて、ちゃりーんとお賽銭を入れると、大きなゑんまさまの御説法が聞こえてきます。 (さらに…)

ゑんまさまの御説法|深川法乗院

2017年8月16日公開  2017年08月15日撮影

深川の朝

今日は8月15日。日本にとっては終戦の日。月遅れのお盆。お墓参りに行かれる方も多いでしょう。東京は7月にお盆をすませることが多いためか、電車は空いているし、街は静かです。 (さらに…)

深川の朝

2017年8月15日公開  2017年08月15日撮影

深川の祭りとお盆へ

この週末は江戸三大祭りのひとつ、深川八幡祭りでした。今年は3年に1回の大祭。12日には一部町会神輿の宮入り、13日には神輿連合渡御が行われました。連合渡御は54基もの神輿が集結、「水かけ祭り」の別名通り、各所でバケツやホースからの水を浴びせかけられながら深川エリアをめぐりました。富岡八幡宮と深川不動尊の境内、周辺の道々は祝日の山の日から露店が並び、地域の子供たちや祭り見物の人たちでたいへんな人出。渡御のあった13日は永代通りの屋台がいちど撤収したようですが、富岡八幡宮の神事や行事は明日15日まで、次いで明日は深川不動尊の盂蘭盆会に不動縁日と、門前仲町エリアは延々とお祭り状態が続きます。お盆とお正月は東京にいる人が減り、人気の観光スポットも空いていますが、この深川エリアは例外のようです。

深川の祭りとお盆へ

2017年8月14日公開  2017年08月12日撮影

フリーワード検索

てら×まち×さんぽ このサイトについて