てらまちフォト一覧

川崎大師 参道

川崎大師と西新井大師は、京急・東武それぞれの「大師線」が敷かれるもとともなっています。こうした鉄道の敷設は明治以降の初詣の普及が大きく関わっているようです。川崎大師の公式サイトには、月々の行事が掲載されています。本日8月21日は、大般若経転読会(だいはんにゃきょうてんどくえ)が催されるとのこと。お散歩に行ってみようと思い立ったら、付近のお寺のサイトをチェックしてから出かけると、思わぬ体験ができるかもしれませんね。

川崎大師 参道

2014年9月8日公開  2013年07月15日撮影

東京北青山 善光寺

都心でも道行く人もまばらな休日の朝、表参道から六本木への散歩の途中に立ち寄ったのが善光寺。場所柄か、若い方、外国の方の参拝がちらほら。都心にあるお寺は、境内に一歩入ると、周りがどんなに騒がしくても、しん、とした空気感がありますね。この季節は木々から蝉の声の大合唱が奏でられていますが、それすらうるさいとは感じないのだから不思議です。

東京北青山 善光寺

公開  2014年07月06日撮影

福島県郡山市 蓮池

お盆真っ最中。東京の街はいつもより人も少なく、電車も空いています。おととしのお盆は、実家の墓参り、母の実家の墓参りをし、その後実家で飼っていた愛犬が眠るペット霊園を訪れました。周囲には田んぼが広がっていますが、霊園の前は広い蓮池でした。近年は共同墓や墓友だちなど、お墓の捉え方・あり方が変わってきていると、耳にすることが増えてきています。お墓のあり方とともに、さまざまなお寺さんとの付き合い方の可能性についても考えていきたいですね。

福島県郡山市 蓮池

公開  2012年08月01日撮影

フリーワード検索

てら×まち×さんぽ このサイトについて