てら×さいじ てらまちの[祭][催][彩]をチェック!

龍の口法難会

日蓮聖人が斬首を免れた龍ノ口法難

タグ

日蓮

法難会

神奈川県

藤沢市

鎌倉

龍ノ口法難(たつのくちほうなん)

鎌倉時代後期、日本は内乱や蒙古襲来、飢餓や疫病の蔓延など、様々な脅威に包まれていました。それらを憂えた日蓮聖人(1222~1282)は、『立正安国論』を著し、幕府に奏上しました。

しかし、幕府はこれを政策への中傷であると受け止め、文永8年(1272)9月12日、鎌倉松葉谷の草庵におられた日蓮聖人を捕らえ、斬首するために、刑場であったこの地、龍ノ口へ連行したのです。

翌13日子丑の刻(午前2時前後)、土牢から引き出された日蓮聖人は、敷皮石(座布団状の石に皮を敷く)に坐らされ、評定の使者も待たず、あわや斬首になるときでした。
「江ノ島の方より満月のような光ものが飛び来たって首斬り役人の目がくらみ、畏れおののき倒れ」(日蓮聖人の手紙より)、斬首の刑は中止となりました。
龍ノ口刑場で処刑中止となったのは日蓮聖人をおいておらず、爾来、この出来事を「龍ノ口法難」と呼び習わしています。

龍口法難会(りゅうこうほうなんえ)

毎年9月11日・12日・13日を「龍口法難会」と定めて、厳粛にかつ盛大に大法要が営まれています。特に12日の夕刻から夜にかけ近在講中の人たちによる万灯が奉安され、門前には夜店も立ち並び、大変な賑わいを見せます。

以上、龍口寺サイト「縁起」の項より転載
http://ryukoji.jp/index

行事

9月11日 14時 仏舎利塔供養
9月12日 18時 ぼたもち供養大法要/19時~21時 万灯練り供養
9月13日 御法難会 征当大法会 0時 ぼたもち供養音楽大法要

イベント名 龍の口法難会
開催期間 2018年9月11日 〜 2018年9月13日
開催場所 龍口寺 藤沢市片瀬3-13-37
アクセス
リンク 日蓮宗霊跡本山 寂光山龍口寺